穴が狭くていってしまった

福島の山小屋に着いて、早速ランタンに点火して宴をしようと思ったら、ガソリンが出る気配なし。

仕方なくLEDライトで過ごして、次の日に直せるか見極める。

201812261-1.jpg

原因は、噴射ノズルの詰まり。
要はジェネレーターって部品がスラッジでストッピーなわけです。
もう何を言ってるのかわかりません。

そこで、ノズルから光が透けるくらいに掃除して、組直して点火。
一瞬燃料が出てストップ。

ガソリンまみれになるのを覚悟で噴射状況を確認したが、一瞬でストップ。
ドピュって出ちゃってストップ。このストップ状態でノズルに針を刺してやると、ドピュって出ちゃってストップ。

ドピュ!ストップ・・・ドピュ!ストップ・・・ドピュ!ストップ・・・ドピュ!ストップ・・・ドピュ!ストップ・・・

やめろ。

燃料が出ると、停滞気味の汚れが詰まってストップするのか、燃料の粘度に対しノズルの大きさが小さすぎるのか。
安全ピンでもあれば、ノズルを無理やり広げることもできたが、安全ピンはない。

完全に心折れる。

心折れたら話は早い。WILD-1へ直行だ!
5キロほど離れたWILD-1へ行って、最後の一つのジェネレーターをゲット。

201812261-2.jpg

新品に変えたら綺麗に燃える。

"ジェネレーターの芯を変える"

しっかしすごいのは、壊れたジェネレーターの芯は無事だった。
上の記事は3年前の芯の交換記事なんだけど、使った針は裁縫の針に糸を通すやつ。
ランタンを使うたびに、芯はすでに溶けて無くなっていて、偶然点灯できているんじゃないかとばかり思っていたが大活躍だったのである。

最近、ランタン作れんじゃね?そう思っている。
構造は丸パクリになるだろうけど・・・


グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内キー検索

Profile

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中
生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: