おやすみが効かない

3台ある扇風機のうち、2台は薪ストーブ熱を循環させるために壁掛けにしてある。

201812181-1.jpg

土台をビスで打ち付けただけ。
これがあるのとないのでは部屋の温度や、快適さが全く違う。

薪ストーブで熱せられた温度は天井にこもるため、天井にある熱と、外気に冷やされた屋根との勝負になり、人間の居住空間そっちのけで熱交換が繰り広げられる。

こうなると床が冷えて薪ストーブを焚いてるとは全く言えない居住空間になってしまうのだ。

201812181-2.jpg

強いて言えば、天井の熱を床にたたきつけるように送風してやればいいので、強さMAXで常に回っているモード(普通)で運転。

リズムモードは、波打ち際の波のようなテンポで加速したり減速したりする。
癒されたいときにはいいのだが、薪ストーブの熱の話になると不向き。

で、おやすみモードが全く使ったことがなくて、押してみたんだけど・・・普通に回ってるだけ。
壊れてるのか、長い目で見れば動きに変化があるのかわからないけど、朝方にもし止まっていたら嫌なので普通モードで就寝。

おやすみモード。何が当たるかわからない桃鉄のカード駅みたい。
いつ試していいのか、説明書がないので見当がつかない。

センサーみたいなのがついてて、それが何に使われるのかすらわからない。
人間が寝たりして動きがなくなると止まるとか。

検証し辛ぇーw


グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内キー検索

Profile

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中
生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: