こみんかしょうどうがい - 古民家を衝動買いした結果・・・

喜多方ラーメンと混浴の木賊温泉

土曜からの3連休に入る前に、金曜に、喜多方ラーメン、ほまれ酒造、木賊温泉を回ってきました。

201809181-1.jpg

喜多方ラーメンは、土日祝日は混むと思いますが、金曜なら有名店にありつけるんじゃ無いかと思い調べて、レビューのよさのトップクラス「はせ川」へ。

メニューの写真で見て想像したのは、肉系と少々魚系の出汁が効いたスープに、あっさりしょうゆで煮込んだチャーシューかなと。

出てきたのは、魚ガッツり系のスープと、濃い目のしょうゆで煮込みまくったしょっぱいチャーシュー。
トッピングでつけた味玉は、薄いしょうゆに甘味料をどっぷり入れて漬け込んだ感じで甘いだけ。

いけなかったのは自分の先入観。
結果、喜多方ラーメンを食べたいなら「はせ川」ははずせ。
一般受けするラーメンを食べたいなら「はせ川」へ。

201809181-2.jpg

不安な田舎道を進むこと2時間。
木賊温泉へ到着直前に、上下左右から便意を模様しまして、我慢していざ木賊温泉のどこかのトイレに入ろうとしたらトイレなし。

201809181-3.jpg

トイレ見当たらず。

井筒旅館でトイレを借りて、階段を少しだけ下る。

201809181-4.jpg

お金入れは露天風呂にあるらしい。

201809181-5.jpg

井筒旅館から降りる道と、専用駐車場から降りる道の2WAY。

201809181-6.jpg

階段を下りる前は男性が数人居たけど、降りたらちょうど帰るところだったので、貸切状態に。

女性専用脱衣所あり。
女性は数百円で入浴着が借りれるらしい。

201809181-7.jpg

誰も居ないので、入り口からの温泉内を撮影。


201809181-8.jpg

温泉内から入り口を。

201809181-9.jpg

繋がってる二つの浴槽の手前側。
下流のため少しぬるめ。

201809181-10.jpg

温泉が湧き出てるであろう奥の湯船。
一番奥の底からお湯が出てるっぽい。

熱めではあるが、熱すぎず。
ただ、深さがあるので、少し漬かっているだけで芯まで温まります。
泉質もかなり濃いので、入りすぎると疲労感でだるくなる。

201809181-11.jpg

奥から先の景色は、井筒旅館の露天風呂。

201809181-12.jpg

景色を素っ裸だ見れるんですが、同時に井筒旅館の入り口からも人に見られます。

201809181-13.jpg

何回も建て直されている小屋。
棚も数が用意されていて、至れり尽くせり。
ただ、湯船とかなり近いけど。

土日祝日には私は無理w
スポンサーサイト


グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内キー検索

Profile

へんみさん

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中


生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: