こみんかしょうどうがい - 古民家を衝動買いした結果・・・

ハンディークリーナー改

掃除機は要らないけど、ハンディークリーナーはほしい。しかもコードレスの。
ふと思い立った時に持ち出して、誇りがたまっているところや、蜘蛛が巣を張っているところを掃除したい。

しかし、少々高いのと、レビューがいまいちの結果。

そこで、車載用のハンディークリーナーを買って、電源をバッテリーとし、持ち運びできるようにすることを考えた。

201809301-1.jpg

安すぎず、レビューも悪くない1500円の掃除機購入。

201809301-2.jpg

何でもいいので12Vと接続。

201809301-3.jpg

一見、弱そうな吸引力だが、ピンポイントで吸い取れば問題なし。
このごみの中に少なくとも、小さな蜘蛛が5匹ほど。

12Vの車用バッテリーなのでそれなりに持つと思う。充電器があるので半永久的だろう。
サイクロンクリーナーなんていらんのだ。

問題点がひとつだけ。

バッテリーがめっちゃ重い。ハンディークリーナーは350gほど。
掃除機以外のところに落とし穴があるとは思わなかった。

201809301-4.jpg

さて、夏の間つるしてきた虫取り紙ですが、ほぼ取れませんでした。その要因は以下。

・暑すぎて虫が少なかった
・虫の侵入を防ぐため、窓をあまり開けなかった
・換気扇をつけっぱなしなので窓を開ける必要が無かった
・網戸を細目に張り替えた
・明かりをいくつかつけると、虫が混乱して寄ってこないっぽい(新発見)

来年は、また違った結果になるかもしれないけど。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

手放し運転

201809292-2.jpg

5,6年ほどがんばってくれているボタン式のミキサー。押してないと回らない。
買ってまもなくヒューズが飛んで、直結して直してから、壊れずにがんばってくれている。

ここにきて、調理用とジュース用を使い分けたくて追加購入。

201809292-1.jpg

オークションで1円、送料1600円w
98年製でナショナル、ON/OFFボタン式。機能は無い。回るだけ。砕いてくれればそれでいい。
ONすればOFFするまで回る。

ぶち込んでON!がんがん回っております。

201809292-3.jpg

勝手に出来たといっても過言ではない。ことは無い。

頼むから明日不動になるとか、やめてくださいなw

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

オイルの漏れないボトルは無い?

オイルの漏れないオイルボトルを調べたら、どこぞの主婦が「このセリアのボトルは漏れない」と書いていた。

201809291-1.jpg

これがキャップ部分なんだけど、漏れまくり。
何がいけないかって。

201809291-2.jpg

ボトルとキャップの締め込み部分にパッキンが無い。
これが無いので漏れて当たり前なのだ。

漏れないって書いた主婦、うそつくんじゃない。
漏れないわけが無いのだ。それだけパッキンってのは大事。

ただ、ちょうど良いパッキンは売って無い。

201809291-3.jpg

割れたタッパーがあったので、加工してパッキンにしました。

201809291-4.jpg

きれいに作る必要は無い。

ボトルとキャップを隙間無く接続してくれれば問題ない。
すぐ結果がわかるといえば、当分使ってみないと解らないという。。。


グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

妥協しない衝動買い

ほぼ貰い物の食器を、市のリサイクルイベントに持っていき、ほぼすっからかんになった食器棚に食器を満たすべく、厳選しました。

201809261-1.jpg

かなりこだわったのは、左の逆三角の器。ひとつ600円。6個買った。
調理用に耐熱ボウルを選ぼうかと思ったけど、食器にも保存にも電子レンジ調理にも使用でき、さらにはデザインも好みのものを、ってことでこの器を選択。寸法、角度をしっかり確認して買ったので大満足!

ただ一つだけ問題が。それは、洗い終わって水切りトレイに置くときに、斜めに立てかけられない。コロンと転がってしまうのだ。
仕方なく一つづつ置くと、器のサイズ分、水切り場所をとってしまって狭くて仕方がない。

とはいったものの、届いたばかりで何個も洗ってしまったから起こったことなので、今後は多くても2個分ほどの水切り場所で済む。

右の器は、パスタ用。ひとつ500円。10個買った。
パット見、白い皿に見えるけど、縁にはブルーのラインがデザインされている。
このブルーと混じりっ気のない白が、ブリティッシュを感じさせる。

もう自分でも何を言ってるのかわからない

201809261-2.jpg

あるものぶち込んだワンタンメンですら、行列のできるラーメンを訪仏とさせる器。

もう自分でも何を言ってるのかわからない

201809261-3.jpg

食器を買ったネットショップで、おまけをつけてくれるイベントをやっていて、気づいたら箸がついてきた。

福島にアパートを借りてた時は、相方と使うのに”持って来い”だったペアものも、今となっては保管場所がないし、使う機会が微妙。わざわざ出先に持って行って使う以外用途がない。どうしたもんか。

201809261-4.jpg

このグラスも、この形、大きさのものを探していて、カインズで2個セットで400円。
後に、セリアにもダイソーにも100円で置いてあってがっかり。

ただ、今のところ電子レンジでも使えてるのでこれでよかったと思う。
セリア、ダイソーのも電子レンジで使えるかもしれないけど・・・

他に、大きい平プレート、グラタン皿、コーヒーカップ、どんぶりを買って終了。
大満足なので、もう食器は何一つ要らない。そして、要らなくならない。

断捨離の骨頂である。

もう自分でも何を言ってるのかわからない

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

投票立会人は地獄

朝6時半に投票所入り。
夜8時まで投票を監視します。

201809241-1.jpg

用意されたお菓子、インスタント飲み物を地味に消化しながらボケッとする。
午前中は暇つぶしの要領がつかめず、人が来ないと地獄だが、それなりに人が来る。
といっても、するのは挨拶だけだけど。

問題は午後。手持ちの弁当を食べて眠気と格闘しながら、午前中に編み出した時間のつぶし方を実践。
スマホでゲーム。モバイルバッテリーも準備したが、無くなってはおしまいだ。
調べ物をしながら、アイデアを紙に書き出す。

それも尽きたところで、ずっとかかっているラジオの相撲中継に耳を傾けて、隣の立会人のおばちゃんと盛りあがる。

ただただ座っているだけなのに、へとへと。
地獄的な疲労感である。

夜は7時に、支給される弁当を食べる。
このころになると、地味に片づけが始まる。

記入場所と投票箱以外を縮小していく。

201809241-2.jpg

昼過ぎころに、投票箱の移動に立ち会ってほしいといわれた。
開票所まで運ぶために付き添うのだ。監視員として。

8時に終わって、開票所へ移動、戻ってくる、家に帰る。

10時くらいになる?

201809241-3.jpg

今後、頼まれることはなさそうだが、頼まれたら時間のつぶし方は完璧に計画したい。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

がっかり続き

雨でなーんにもできないから、片付け、洗濯、レシピ開拓。

201809231408539a5.jpeg


グラスにチョコを垂らしてから、飲み物を注ぐとオシャレになる。はずが、なんだか毒々しい。せめてホイップは乗せたかったが無かった。

20180923140928def.jpeg


体に合わなかった低反発マット。

寝てると体が埋まってしまい、寝返りを打つのが大変。

燃えるゴミに出すために、切って、潰しながら巻いて、圧縮状態でゴミにする。かなり地味。
クリーンセンターに持ち込んでもいいが、手渡しのため、受け入れてもらえる材質なのかよくわからない。燃えるゴミなら確実に出せる。

床がスポンジのカスだらけ。
色々面倒。

20180923141001a31.jpeg


カビたテントのバッグを洗濯したら、説明書もろとも洗ってしまった。バッグも洗濯機も紙くずだらけ。

雨降りだから、布団類を全部洗っていたのだが、紙くずがどこまで尾を引くか。

三連休の初日は惨敗。
中日は選挙の立会人。今、ボケーっと立会人をしながらこの記事を更新中。暇という地獄。
最終日に期待するか。何をだ。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

相馬に行く

震災後、初めて相馬に行って来ました。

201809221-4.jpg

防潮堤に上らなければ見れない海。
この防潮堤は離れ島みたいなところなので、内陸側には湾があるので海がみれるには見れるけど、海の先には防潮堤。

201809221-1.jpg

3連休は、安い宿が取れず、定番の元ラブホのビジネスホテルに2連泊。釣りをする予定。

201809221-2.jpg

入り口にミニトマトが植えられており、次の日の朝には赤い実が採られていたので、朝食付きの宿泊者に提供されたっぽいw

201809221-0.jpg

中はラブホのままw
相方は新調した釣竿に夢中。

201809221-3.jpg

ほまれ酒造で買ってきた世界を取った酒。
私は一口だけ。大吟醸は口に合わない。

201809221-5.jpg

二日目は釣り前に腹ごしらえ。

調べると、相馬の菊寿司が穴場のようで、お昼でもすんなりは入れました。

201809221-6.jpg

ランチが1080円からなんですが。1080円でも十分旨い。というか、この値段でこのレベルの寿司を味わえるとは。。。

さて、釣りは惨敗。というか釣れることは期待していない。釣りをすることが楽しいのだ。

201809221-7.jpg

楽しんだので帰ります。
相馬から南に向かうとダンプだらけ。
相馬から郡山まで288号線を通って帰ろうとしたら、原発まで来てしまって6号線から西に向かう道がほぼ封鎖状態。

1時間格闘してようやく西に向かう道を発見して帰路へ。

201809221-8.jpg

三春の蔵でできたカフェ「ブリキイヌ」に行ってみることに。

201809221-9.jpg

2階に通されたが、人の熱気と、太陽に照らされた屋根の熱がダイレクトすぎて暑い。
相方はパスタを食べたが、私は汗だくになりそうだったので、クリームソーダを注文w

隣の夫婦も暑い暑いと言っていた。
店員に温度が下げられるか聞いて、エアコンをつけてもらった。

動き回ってる店員は、暑いと思わなかったのか。それとも一階が快適だったのか。
よくわからない。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ほまれ酒造に行く

ほまれ酒造に雲嶺庵という日本庭園があり、試飲のできるところがあるらしいとのことで訪問。
それと、ただいま個人的に日本酒を選定中で、どんなラインナップか確認しに行ってきました。

201809201-1.jpg

酒蔵自体に入り口という入り口が無いような感じで、雲嶺庵に向かう看板にしたがって進むだけ。

201809201-2.jpg

湧き水を使っているらしく、きれいな水が工場から垂れ流し。
入り口の駐車場横には、湧き水のみ場がありました。

201809201-3.jpg

工場の建物の外通路を歩いて雲嶺庵に向かいます。

201809201-4.jpg

常に新商品を研究しているのか、科学室みたいな部屋がたくさんありました。
写真はただの蔵作りを取っただけです。すいません。

201809201-5.jpg

庭園がありそうなところに到着。ここが雲嶺庵。

201809201-6.jpg

庭園発見。

201809201-7.jpg

試飲ができるところの入り口はもっと奥。

201809201-8.jpg

どこから入っていいのかわからず進む。

201809201-9.jpg

来たー!

201809201-10.jpg

入って通路先に試飲コーナー。
しっかり説明などしてくれたし、接客もすばらしい。

長野では感じることの無い、しっかりしつつ田舎の接客がいい。

201809201-11.jpg

試飲コーナー横の小部屋や、更に奥に進むと、建物内から庭園を望めます。

201809201-12.jpg

一番奥の上がり座敷。

ここに泊まってみたい!相方と意見が一致。
泊まれないけど・・・

お酒4,5本と雑貨を買って帰ってきました。
もちろん世界を取った、ほまれの純米大吟醸と、ここでしか買えない限定のお酒を買いました。

誰もが旨いと称える純米大吟醸。

辺見さんは、大吟醸が苦手・・・やはり安い酒が一番旨い。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

喜多方ラーメンと混浴の木賊温泉

土曜からの3連休に入る前に、金曜に、喜多方ラーメン、ほまれ酒造、木賊温泉を回ってきました。

201809181-1.jpg

喜多方ラーメンは、土日祝日は混むと思いますが、金曜なら有名店にありつけるんじゃ無いかと思い調べて、レビューのよさのトップクラス「はせ川」へ。

メニューの写真で見て想像したのは、肉系と少々魚系の出汁が効いたスープに、あっさりしょうゆで煮込んだチャーシューかなと。

出てきたのは、魚ガッツり系のスープと、濃い目のしょうゆで煮込みまくったしょっぱいチャーシュー。
トッピングでつけた味玉は、薄いしょうゆに甘味料をどっぷり入れて漬け込んだ感じで甘いだけ。

いけなかったのは自分の先入観。
結果、喜多方ラーメンを食べたいなら「はせ川」ははずせ。
一般受けするラーメンを食べたいなら「はせ川」へ。

201809181-2.jpg

不安な田舎道を進むこと2時間。
木賊温泉へ到着直前に、上下左右から便意を模様しまして、我慢していざ木賊温泉のどこかのトイレに入ろうとしたらトイレなし。

201809181-3.jpg

トイレ見当たらず。

井筒旅館でトイレを借りて、階段を少しだけ下る。

201809181-4.jpg

お金入れは露天風呂にあるらしい。

201809181-5.jpg

井筒旅館から降りる道と、専用駐車場から降りる道の2WAY。

201809181-6.jpg

階段を下りる前は男性が数人居たけど、降りたらちょうど帰るところだったので、貸切状態に。

女性専用脱衣所あり。
女性は数百円で入浴着が借りれるらしい。

201809181-7.jpg

誰も居ないので、入り口からの温泉内を撮影。


201809181-8.jpg

温泉内から入り口を。

201809181-9.jpg

繋がってる二つの浴槽の手前側。
下流のため少しぬるめ。

201809181-10.jpg

温泉が湧き出てるであろう奥の湯船。
一番奥の底からお湯が出てるっぽい。

熱めではあるが、熱すぎず。
ただ、深さがあるので、少し漬かっているだけで芯まで温まります。
泉質もかなり濃いので、入りすぎると疲労感でだるくなる。

201809181-11.jpg

奥から先の景色は、井筒旅館の露天風呂。

201809181-12.jpg

景色を素っ裸だ見れるんですが、同時に井筒旅館の入り口からも人に見られます。

201809181-13.jpg

何回も建て直されている小屋。
棚も数が用意されていて、至れり尽くせり。
ただ、湯船とかなり近いけど。

土日祝日には私は無理w

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

カビと共に生きる

今回の目的は、福島県の相馬でどうせ釣れない釣り。

その前に、雨続きだったので小屋のカビ状況が気になります。
小屋へ向かって出発。

201809181-1.jpg

道中、栃木の桐生を抜けて日光へ向かうところにコンビニがあるんですが、休憩してたところ、怪しい水路発見。

201809181-2.jpg

水源はどこだ?

201809181-3.jpg

音のするほうへ。

201809181-4.jpg

発見!

世は満足じゃぞw

201809181-5.jpg

小屋へ到着。
強敵である蚊を突破して小屋潜入成功。

201809181-6.jpg

カビ状況ですが、前回置いて行ったテントや、置いといた寝袋、ワンタッチテント、いろいろとカビておりました。
そして、この布団も前回忘れていったのですが、柄のせいでカビてるかどうか判断できない。

触ってみて、何となく湿気ってる気がするけど、カビがついてる感じがしない。
ということで、枕の下敷きにしました。

カビを吸い込みながら寝ていたかもしれません。
どの道、この小屋にあるもの大抵がカビてるので、どうでもよい感じ。

そのわりに、ここで過ごすと体調は絶好調になるのである。

201809181-7.jpg

適当に買ってきた激安ウィンナー。
つまんでたらいつの間にか平らげて、腹いっぱいになって苦しい。。

201809181-8.jpg

よく見たら400gもあった。
お腹いっぱいだけど、小屋ではカップ麺で閉めないとぐっすり寝れない。
結局、カップめんを食べて眠気と食べすぎと格闘していたら落ちて、朝10時になっていた。

小屋に人が来ることは無い。
この安心感があるので、何時まででも寝れるのだ。
ただ、便意で早朝に起こされる。しかも、他では経験しないような量の便が、小屋にいると生成される。

食べすぎか、カビのせいか。たぶん両方だ。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

へんみさん

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中


生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: