初マンボウ

BIGでマンボウの切り身が売っていたんです。

201901211-1.jpg

マンボウ初めて見る・・・
マグロっぽいし、見た目に独特な感じもしないし扱いやすそう。

二切れで200円だったので試してみることに。

201901211-2.jpg

ホイル焼きにしたものにニンニクを効かせたケチャップ。
うん。ケチャップの味が勝ってしまったが旨い。

201901211-3.jpg

茹でたもの。マジックソルトをかけてから、大根の菜っ葉の漬物を刻んで乗せて、ごま油をかける。
これは美味。茹でて飛んでしまった脂に代わってごま油。

感想:肉自体に味わいがなく、調理すればしただけの味がつく。しかし結構ぱさぱさな肉。食感は味わえない。

201901211-4.jpg

なんでもいいから寿司が食べたくて、BIGをウロウロしていたら半額で400円になっていた寿司。
皿に盛り付けると、見た目だけは塩竃の寿司スタイル。かとおもったら、雰囲気もあってか美味しい。

400円を二日間にか分けて食べたのでこれで200円。

その後日、カフェでワイン持ち込みの予約をいただいていて、きっちりインチキ寿司を握ったっていうw
あんた何屋だよw

お客さんがiインスタに載せてくれました。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

半額をさらに放置

BIGでブリの刺身用切り身が半額になっていたので買ってきました。

20181231-1.jpg

ただ、その日は酔っ払ってしまってに刺身行かずに〆になってしまって、切り身放置。
で、次の日に久々の切り身を刺身にしてみましたが、独特の変色も無く。

カフェ修行を重ねた結果、イカは捌くが魚は捌かないという傾向だったので、久々の刺身の調理です。

ただ切るだけなんだけど緊張します。

201812311-2.jpg

さー、刺身を大好きなわさびをべっとりつけて晩酌ですよ!!!

カフェ修行で必要無かったため、わさびがありませんでした。
もう、刺身や寿司は作るなってことでしょうか?

寿司?

へんみさんは寿司も握れます。釣り上げた魚はぜひ、当カフェにお持ちくださいw

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

全部入れが旨い

カフェの残り物は平日にのんびり食べてれば、数日できれいさっぱりなくなります。
といっても、唐揚げを毎日食べてると体が油臭い気もするし、ご飯、パンを消費していたら太る一方です。

そこでまず、パンご飯は冷凍します。
そのほかのものは、悪しが早いものの順から調理していきます。

しかしこうなると、悪しが早いものだけをピックアップした調理になるので、この世に存在しない料理を作ることになります。

201812141-1.jpg

もう少しで消費できそうなパンプキンスープでしたが、がぶがぶ飲めるものでもなく停滞気味なので、鍋の元にすることに。
鯖缶も半分の使用で止まってしまいましたので投入。

201812141-2.jpg

つまみ用に使った油揚げ、ニンジンも余りました。
レタス、赤い大根を合わせたサラダも余りました。

同じ鍋に入れていきます。

201812141-3.jpg

唐揚げ用の肉は鍋に入れれば油を足すこともなくカロリー低めで消費できます。
とかいいながら、半額のから揚げを買ってきてしまったのは内緒です。

鍋にはもやし。

201812141-4.jpg

前日も同じような鍋を作っているので、鍋に残り鍋を足します。

201812141-5.jpg

トマトジュースは日持ちするのですが、一度開封したのを放置したくなかったので鍋に入れます。
つまみ用の薬味ネギも余っていました。

ここらへんで、鍋のコンセプトを決めます。地中海鍋(色だけは)。

結果としては、全く辛くない真っ赤な鍋でおしかったのですが、写真を撮り忘れました。
しかし、想像がつくと思います。赤いぐちゃぐちゃしたものを思い浮かべていただければよいだけなのです。

価値をつければ3000円くらいはくだらないのですが、”赤いぐちゃぐちゃしたもの”のため0円にしておきましょう。
そろそろ自分でも何を言ってるのかわからなくなってきました。

ほんじゃぁね。バイビー。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

忘れていた味を堪能

カフェを始めるにあたって、1年間は修行のようなものでした。

駐車場を確保するのに木の根っこを抜いたり、テーブル作ったり。
客が動く、自分が動く動線の確保。
メニューに関して言えば、決めたメニューを作るのは問題ないが、安定した味、安定した調理時間、安定した保存方法の研究。

約1年間こんなことをしてきて、今ふと気づいたのだ。

201812071-1.jpg

大好きな刺身そっちのけ。

旅行先で寿司などは食べていたが、自炊で刺身をつくることをすっかり忘れていた。
たまーに食べていた気がするが、たぶんイカのみ。

そしてカフェをオープンした今、スーパーで綺麗なサンマを見た瞬間、あの頃の記憶がよみがえってきたのである。

201812071-2.jpg

以前は何でもかんでも刺身にして食べてたな・・・

見た目はきれいだったが、鮮度は半分落ちの150円のサンマを捌いて食べてみたところ

すっげーうまいんですよ。
この感動を忘れるくらい1年間頑張ってきたんだ。そう思った。

少々気を抜いて、当分好きな魚を捌いて食べたい。
ただね、魚を捌くにあたって迷いがあるんですよ。

調理器具や食器が臭くなりそうで怖い。
カフェ始めたら、おかしなプライドに駆られているという。


グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

世界で唯一無二

回数を重ねれば重ねるほど進化している鳥胸燻製の唐揚げ。

201810241-1.jpg

味を見るため盛り付けは適当です。
以前より格段に美味しくなっている。
何をしたって訳ではないけど、冷蔵庫で1日熟成している間、冷蔵庫を開けて燻製肉を見るたびに、

美味しくなーれ、美味しくなーれ

そう思っている。多分これって、効果があるんだと思う。よくわからないけど。
揚げる時間も目安になるものがあったから、揚げ方も上手になっている。

その目安は、肉を電気フライヤーに入れると温度が下がるので、”加熱し保温に移る”の2回目で引き上げる。
これでプリンプリンの唐揚げが出来上がる。

201810241-2.jpg

何もつけなくても美味しい状態に、余計なことをしてジェノベーゼ風、カレー味などの味付けをするもんだから、旨いを通り越す。

今までどれだけ食べてきたことかわからんが、旨すぎて全く飽きない。
(レンコンも酢漬けにしたところ、福神漬け的な位置へ昇格)

こんな風な唐揚げを他の人も作っているだろうと、ネットで検索しても同じことをしている人はいないのだ。唯一無二なのである。
イベント屋台でこの料理を提供するのもあり何じゃないかと思い始めている。

201810241-3.jpg

唐揚げの話はもういい。

進まないのがなっちゃんである。
常会の慰労会で余ったのを持ってきてから、全く減らない。飲みたいと思わない。

自分が選んで調達したはずなのに・・・

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中
生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: