こみんかしょうどうがい - 古民家を衝動買いした結果・・・

喜多方ラーメンと混浴の木賊温泉

土曜からの3連休に入る前に、金曜に、喜多方ラーメン、ほまれ酒造、木賊温泉を回ってきました。

201809181-1.jpg

喜多方ラーメンは、土日祝日は混むと思いますが、金曜なら有名店にありつけるんじゃ無いかと思い調べて、レビューのよさのトップクラス「はせ川」へ。

メニューの写真で見て想像したのは、肉系と少々魚系の出汁が効いたスープに、あっさりしょうゆで煮込んだチャーシューかなと。

出てきたのは、魚ガッツり系のスープと、濃い目のしょうゆで煮込みまくったしょっぱいチャーシュー。
トッピングでつけた味玉は、薄いしょうゆに甘味料をどっぷり入れて漬け込んだ感じで甘いだけ。

いけなかったのは自分の先入観。
結果、喜多方ラーメンを食べたいなら「はせ川」ははずせ。
一般受けするラーメンを食べたいなら「はせ川」へ。

201809181-2.jpg

不安な田舎道を進むこと2時間。
木賊温泉へ到着直前に、上下左右から便意を模様しまして、我慢していざ木賊温泉のどこかのトイレに入ろうとしたらトイレなし。

201809181-3.jpg

トイレ見当たらず。

井筒旅館でトイレを借りて、階段を少しだけ下る。

201809181-4.jpg

お金入れは露天風呂にあるらしい。

201809181-5.jpg

井筒旅館から降りる道と、専用駐車場から降りる道の2WAY。

201809181-6.jpg

階段を下りる前は男性が数人居たけど、降りたらちょうど帰るところだったので、貸切状態に。

女性専用脱衣所あり。
女性は数百円で入浴着が借りれるらしい。

201809181-7.jpg

誰も居ないので、入り口からの温泉内を撮影。


201809181-8.jpg

温泉内から入り口を。

201809181-9.jpg

繋がってる二つの浴槽の手前側。
下流のため少しぬるめ。

201809181-10.jpg

温泉が湧き出てるであろう奥の湯船。
一番奥の底からお湯が出てるっぽい。

熱めではあるが、熱すぎず。
ただ、深さがあるので、少し漬かっているだけで芯まで温まります。
泉質もかなり濃いので、入りすぎると疲労感でだるくなる。

201809181-11.jpg

奥から先の景色は、井筒旅館の露天風呂。

201809181-12.jpg

景色を素っ裸だ見れるんですが、同時に井筒旅館の入り口からも人に見られます。

201809181-13.jpg

何回も建て直されている小屋。
棚も数が用意されていて、至れり尽くせり。
ただ、湯船とかなり近いけど。

土日祝日には私は無理w

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

松本で五軒はしご酒

ほぼほぼ1年ごとくらいになってきている一人飲み歩き。
長距離歩くのも久々なので楽しくて仕方ない。

4時半ごろにやってる店を探して歩いていたら、ちょうど営業中の看板を出してるお姉さんがいたので、今から飲めるか聞いて入店。

201808291-2.jpg

あんまり好みのメニューはなかったけど、一旦席について、区の年度末の慰労会の旅行の書類を整理しながら飲む。

201808291-3.jpg

ホッピーの値段設定がよくわからない。

セット(単品中、外)で頼むと380円。
単品外は280円。
単品中は230円。

店員に聞くと、セットで頼めば単品両方出てくるのでお得とのこと。
全然意味が分からない。自分にはセットで頼む以外に選択肢が出てこないんだが・・・・

201808291-4.jpg

提灯がいっぱい。

201808291-5.jpg

飲みとはあまり関係のない縄手通り。

201808291-6.jpg

通りの数か所で、コンサートイベントみたいのをやっていて、通りづらいことこの上なし。

201808291-7.jpg

ずんずん歩いて2軒目を探す。

201808291-8.jpg

怖い。

201808291-9.jpg

怪しい。

201808291-10.jpg

路地裏。

201808291-11.jpg

井戸に出た。

201808291-12.jpg

飲みたいのは井戸水ではない。酒なのだ。

201808291-13.jpg

いっぱいお店が入ってる屋台村的なとこ。
入りづらいことこの上なし。

201808291-14.jpg

2軒目は磯料理って書いてあるお店に入ってみた。
寿司屋的なカウンターだけど、飲み屋。

ホヤがあったので頼んで、それ以外特に好みのがなかったので

201808291-15.jpg

沖漬け。

201808291-16.jpg

また井戸に出る。

201808291-17.jpg

飲みたいのは井戸水ではない。酒なのだ。

201808291-18.jpg

松本駅前を一周した感じで、明るい場所に出る。
ガレージでパーティーが開かれていた。楽しそう。

201808291-24.jpg

真夜中ならバーでしょ。
3軒目はおなじみのバーガーチョップ。

201808291-20.jpg

メガジョッキでハイボールを飲みたい!
サイコロの出た目が奇数または偶数で、普通サイズ料金でメガジョッキ、または、普通サイズ半額料金で普通サイズが飲める!

最初の4杯全部が半額料金で普通サイズだった。

5杯目でようやくメガジョッキ。
これでどうにか酔いが回ってきました。

201808291-21.jpg

これで飲みたい!とは全く思わない。中身は同じなのだ。

201808291-22.jpg

小笠原の海底で貯蔵されたラム酒。
蓋は海の中の柄に変色している。一杯1600円。

201808291-23.jpg

記憶にないが、会計が安かったので、海底貯蔵じゃないほうを飲んだらしい。600円。

201808291-25.jpg

ちょうど良い酔いでふらつく。
真夜中でも安いところは満員。199円でビールが飲みたい。

201808291-26.jpg

集団をカメラで撮影してたら見つかってしまった。
大勢の酔っぱらい集団は元気がよくて明るい。

201808291-27.jpg

時間が遅すぎて、もう居酒屋には入れないかと寝床の駐車場へ向かってみたら一軒。
常連客とマスターと話しが盛り上がって、会計とかよく覚えていない。

201808291-28.jpg

しかし、お腹が空いてラーメンを食べたことはしっかり覚えている。

201808291-32.jpg

朝3時ころなのに、隣に若い普通目の女の子が2人で食べに来たのも覚えている。

201808291-31.jpg

一番スタンダードなやつを頼んだのも覚えている。
けどラーメンの写真がない。あまりにも空腹だったのだろう。ラーメンが来てすぐ食べたのだ。たぶん・・・

201808291-29.jpg

駐車場まで歩いていたら、建物のシャッター奥からジャバジャバと水の音がするので、看板を見たら川魚と書いてあった。
駅前の街中のビルの一階で川魚が養殖されているのか?

人類の進化か。川魚の進化か。どっちなんだドラえもん?

201808291-30.jpg

寝床の駐車場です。




朝、電話がかかってきました。

区長さん「辺見さん!今日草刈りだけど、これるかな?どこにいる?少しでもいいから顔出してくれるかな?」
辺見さん「いいとも!あ、今、松本からの帰りでそちらに向かってます!」

そんなわけで、草刈りを忘れていた辺見さん。
手帳には日付と草刈りの文字。

草刈りで汗だくになり、酒は午前中に早々と排出され、慰労の品で貰ったビールと酒をもって、午後にはH氏宅へ。
慰労の酒を渓流眺めるバルコニーでいただきました。

これで2018年のお盆は終了。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

釣りリベンジ

粟島の帰りは、一日涼しいところに泊まってぐっすり寝ることにします。

201808271-1.jpg

米沢のシティーホテルにて。
元ラブホw
安いのはいいんですが、ぼろぼろなので今後は泊まりたくない、ということになりました。

201808271-2.jpg

ゆっくり休んで、次の日は気になっていた物件を見に行くことに。
150万円の物件ですが、後の資料請求して確認したところ、温泉権やらなんやらで100万くらいかかり、
何年かの更新ごとに何十万もかかり、管理費でも結構かかる。
ぜんぜん150万円じゃなってこと。

201808271-3.jpg

管理地にある物件で、みはらし台なんかもあります。
景色はいいが、物件は論外。

201808271-4.jpg

さて、釣りのリベンジで、長野に帰る途中、福島からまた新潟へ行って南下しながら数日釣りをすると。
車中泊して朝から釣りをします。

201808271-5.jpg

暑くて寝てられないので超朝方から釣り場探し。
よさそうな岩場なんですが、水深が1メートルくらいしかない。しかも遠浅。
どこいっても、当たりひとつ無し。

201808271-6.jpg

釣り場探してじゃんじゃん南下してたら土砂降り。
雨が止む気配が無い上に、数日雨模様とのことで、あきらめて鮮魚買って帰ります。

201808271-7.jpg

粟島の食堂で磯ラーメンってのがあるんですが、それに乗っている海草を見たことが無かったんですが売ってました。

201808271-8.jpg

1000円分くらい買いました。

201808271-9.jpg

値札のついてない、ぶりの頭が売り場に置いてあったので、これは買えるのかと聞いたら300円とのこと
一切れ300円かとおもったら、まとめて300円だったw

201808271-10.jpg

解り辛いですが、ホタテの寿司にしました。

201808271-11.jpg

釣りがすぐ終わって帰ってきたので、予定を何も立てていませんでした。
お盆後半の平日も休みを取っていたので、役所がやっていることに気づき、飲食店営業許可申請をしに行くことに。

ちなみに、申請も検査も終わり営業許可が出るとのこと。
それでね、また許可書を取りに行かないといけないって事・・・・・
どんだけ平日に仕事を休ませるのかね。。。

201808271-12.jpg

営業許可申請した帰りにみつけた卵の販売所。
毎週ある日時に行くと、卵がパックなしで買える。
卵パックが邪魔で仕方が無いと思っていたのでこれはいい!と思ったのですが
自宅から遠いのでガソリン代がかかってしまう。この件については諦めよう。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

那須塩原温泉 明賀屋

私の中で、日本でこの温泉旅館を超えることはないと思う。



201803151-1.jpg

携帯電話の電波届かずw

201803151-2.jpg

隣は柏屋。
ここも気になる。

しかし、明賀屋を選んだのは、今回平日で安いのと朝夕の食事共に部屋食だから。
いや、そこもあるけど最高なのは温泉。

201803151-3.jpg

部屋から真下に見える川沿いに露天風呂があります。

201803151-4.jpg

前日福島入りするために移動の際に那須を通ったんだけど、雨がやばいと思ってたら、やはり増水して露天風呂に砂が流れ込んだらしく、チェックインから数時間入れず。砂を出して湯をためてて、2時チェックインで5時まで入れない。

旅館到着までに相方と予想はしていたが的中するとは。。。
内湯とかは入れるんだけど、姉妹館があるとのことで、この時間を利用して入りにいくことに。



とにかく露天風呂に入りたい!
ここでまずは露天風呂を!

なんか知らないけど、露天風呂が冷たくて断念。
源泉が熱いので水をホースで加水してるんだけど、水出しっぱなしで放置したもんだから冷たくなったっぽい。
水を止めてがんばってみるが先が見えないので内湯へ非難。

201803151-15.jpg

川沿いは畳みたいなのが一面敷いてあってくつろぐ場所みたい。
畳の下は見れないが、昔は畳の下が湯船だったっぽい。

201803151-16.jpg

旅館は全体的にきれい。

201803151-17.jpg

かわいい感じに仕上がってます。
お金があって、混浴が無理で、おしゃれな温泉に行きたい人にはお勧め。

自分は無理w

201803151-5.jpg

帰って酒をがんがん飲んで露天風呂に備えます。

201803151-6.jpg

夕食は、目の前でご飯を炊くスタイル。
ご飯だけではありませんよw

201803151-7.jpg

木造の建物の88段の階段を降りて川沿い露天へ行きます。
木造の建物はその昔、冬に働けない農家たちが湯治で訪れてた場所らしい。

201803151-12.jpg

どこみても

201803151-13.jpg

どこみても

201803151-14.jpg

どこみても崩れないのが不思議な建物。

201803151-9.jpg

川沿いの露天風呂は5つほどに分かれていて、何故かいつも空いてる石をくりぬいたような風呂。
空いてる理由はたぶん、混浴で女性が入ってくる扉から一番離れているから。

201803151-10.jpg

やりたい放題w

201803151-11.jpg

一番人気の湯船。

へんみさんが一番入らない湯船w

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ガーデンデザイン-もりのかぜ・らぼ

郡山市富久山町にあるガーデンデザインのお店”もりのかぜ・らぼ”に行ってきました。

201711061-3.jpg

201711061-2.jpg

201711061-1.jpg

201711061-4.jpg

これは隣の古民家。

201711061-5.jpg

川瀬良子さんのブログで紹介されてて、行きたいチェックリストに入れててようやく行くことができました。
古民家を改装してハーブ系の植物、雑貨を販売。イベント会場として使っているようです。
庭がハーブで埋め尽くされていてお洒落です。

お店の人にこのお店をどちらで知ったか聞かれたので、川瀬さんのブログを見て・・・と伝えましたw
何でもかんでも買いたくなる衝動に駆られるほどお洒落でしたが、何も買わずに店を出る。

グーグルビューで見ると、改装前の普通の古民家ですw

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

へんみさん

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中


生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: