バランスの良い食事を心がける

201902211-1.jpg

お盆に食料を乗せてきてスモールハウスで食事。
現在使っているテーブルが小さいので、20リットル缶の上にお盆を置いて食事していたのですが
定期的にひっくり返していたんです。ちなみに缶は薪ストーブの灰入れにしています。

その原因は、お盆の隅にある重いものを持ち上げると重さのバランスが崩れてお盆ごと落下。
2,3度経験してから、「バランスの悪い食事はいけないな」と思ったのです。

201902211-2.jpg

バランスのいい食事。テーブルを食卓に。PCを缶に。

201902211-3.jpg

毎週、布団をロフトに上げ下げするのが面倒くさくなり、地べたで寝ています。
面倒くさがりの骨頂。

おかげで、レッグマジックによる腰痛改善と、地べた寝による腰痛悪化を繰り返しています。
腰痛という観点から行くと

レッグマジック < 地べた寝

です。皆さんもお気を付けください。何にだ。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

文化祭イベントはありか?

カフェに設定してるイベントは、さすがに高利益が出ない、大人数の入りが見込めない時期にやってもリスクが高いだけなので、今練りに練って提案中。

201901291-1.jpg

少々臭くなってきた布団を一枚ずつ毎日洗っていってるのですが、早く乾いてほしいのでスモールハウスの中に吊るして、薪ストーブ全開にして一晩置く。

入り口から見るとこんな感じ。文化祭の迷路ですよ。

そんなわけで”文化祭”というイベントを思いつく。

カフェの入り口から席までをブルーシートで迷路にして、席につくまできゃっきゃ!きゃっきゃ!していただく。

201901291-3.jpg

開けるとこんな感じになる。ってスモールハウスなので一瞬でゴールですが、古民家なら面白い。

201901291-4.jpg

中は楽しいです。うへへ

文化祭は秋から冬にかけての少々寒い時期なので、食べ物は

フランクフルト
ポップコーン(炒るやつ)
豚汁
やきそば
型抜き

で、どうか。
今この提案にとても冷たい目線を感じているところであります。はい。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

パスタソースの熱燗

パスタソースが余ったので平日にゆっくり消化中。
鍋に作ってあるので、鍋のまま温めるとその日の分じゃなく、後日食べる分まで温まってしまう。
何日も温めて冷ましてを繰り返すと、さすがに具に食感がなくなるので、食器に移して温める。

温めたいけど、電子レンジを使うなんて電気の無駄。

201901241-1.jpg

そこで、やかんのお湯に食器を沈めてみる。

201901241-2.jpg

底の部分だけ温められる感じ。

と思って素手で取ったら危ない熱さだった。
この方法はいろんな温めに使えそうなので、デカい鍋でも置いといて毎日にそのお湯で温めて何かを食べようか。

何があるのか他に思いつかないけど・・・

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

皿洗いをしたくない

週末のカフェが終わってしまうと、皿洗いができる古民家は冬場、冷え冷えになるため皿洗いをしたくなります。
給湯すればいいんだけどそこは節約。

カフェ営業中は部屋が暖かいので頑張って洗ってるけど、冷えた部屋で冷水は地獄。

そこで、平日の食事に使うお皿は洗わずに使いまわし。

201901181-1.jpg

絶対的地位を築いたカオス器。

201901181-2.jpg

毎日納豆から始まり、最近では薪ストーブで煮込めばいつの間にかできるうどんで〆る。
今回は、カフェの残り物の豚モツトマト煮のスパも乗り越えてきた。

軽く8食分はクリアしてきていると思う。

次の週末カフェ前にこの食器を洗うにあたって、少しはきれいにしておきたいので、厚揚げを煮込んでその取り皿にして、
厚揚げをワイパー代わりにして食器を綺麗にしてから洗いたいと思う。

201901181-3.jpg

薪ストーブから離してゆっくり温めた卵。
底部分は白いが、それ以外は透明で固まっている。

研究すれば透明な目玉焼きができるんじゃないだろうか?

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

おやすみが効かない

3台ある扇風機のうち、2台は薪ストーブ熱を循環させるために壁掛けにしてある。

201812181-1.jpg

土台をビスで打ち付けただけ。
これがあるのとないのでは部屋の温度や、快適さが全く違う。

薪ストーブで熱せられた温度は天井にこもるため、天井にある熱と、外気に冷やされた屋根との勝負になり、人間の居住空間そっちのけで熱交換が繰り広げられる。

こうなると床が冷えて薪ストーブを焚いてるとは全く言えない居住空間になってしまうのだ。

201812181-2.jpg

強いて言えば、天井の熱を床にたたきつけるように送風してやればいいので、強さMAXで常に回っているモード(普通)で運転。

リズムモードは、波打ち際の波のようなテンポで加速したり減速したりする。
癒されたいときにはいいのだが、薪ストーブの熱の話になると不向き。

で、おやすみモードが全く使ったことがなくて、押してみたんだけど・・・普通に回ってるだけ。
壊れてるのか、長い目で見れば動きに変化があるのかわからないけど、朝方にもし止まっていたら嫌なので普通モードで就寝。

おやすみモード。何が当たるかわからない桃鉄のカード駅みたい。
いつ試していいのか、説明書がないので見当がつかない。

センサーみたいなのがついてて、それが何に使われるのかすらわからない。
人間が寝たりして動きがなくなると止まるとか。

検証し辛ぇーw

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中
生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: