穴の意味がわからない

201811201-1.jpg

おでんを買うと、真ん中に穴の開いた蓋で閉じますよね。
でもね、店員さんは、その穴をテープで塞ぐんですよ。

そして、持ち帰って食べるためにふたを開けますよね。
場合によってはその蓋をお皿にするので、穴が塞がれていてよかったなと思うわけです。

ほんでね、そのまま捨てられるわけじゃないですか。

なぜその穴は開けられてたのかって話ですよ。

201811201-2.jpg

ちょうど初霜が下りた日に、山小屋入りしたらしく寒かった。
少々薪ストーブを焚いたくらいじゃ温まらない。

年末年始に数日過ごすかもしれないので、薪はあまり使いたくないところ。

今年は山小屋ではめったに見ないカメムシが大発生。
そしてありとあらゆるものがカビてる。

今年くらいから、ちょうどよく、カメムシもカビも免疫がついたところ。
カビに免疫がつく?のか?

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

カビと共に生きる

今回の目的は、福島県の相馬でどうせ釣れない釣り。

その前に、雨続きだったので小屋のカビ状況が気になります。
小屋へ向かって出発。

201809181-1.jpg

道中、栃木の桐生を抜けて日光へ向かうところにコンビニがあるんですが、休憩してたところ、怪しい水路発見。

201809181-2.jpg

水源はどこだ?

201809181-3.jpg

音のするほうへ。

201809181-4.jpg

発見!

世は満足じゃぞw

201809181-5.jpg

小屋へ到着。
強敵である蚊を突破して小屋潜入成功。

201809181-6.jpg

カビ状況ですが、前回置いて行ったテントや、置いといた寝袋、ワンタッチテント、いろいろとカビておりました。
そして、この布団も前回忘れていったのですが、柄のせいでカビてるかどうか判断できない。

触ってみて、何となく湿気ってる気がするけど、カビがついてる感じがしない。
ということで、枕の下敷きにしました。

カビを吸い込みながら寝ていたかもしれません。
どの道、この小屋にあるもの大抵がカビてるので、どうでもよい感じ。

そのわりに、ここで過ごすと体調は絶好調になるのである。

201809181-7.jpg

適当に買ってきた激安ウィンナー。
つまんでたらいつの間にか平らげて、腹いっぱいになって苦しい。。

201809181-8.jpg

よく見たら400gもあった。
お腹いっぱいだけど、小屋ではカップ麺で閉めないとぐっすり寝れない。
結局、カップめんを食べて眠気と食べすぎと格闘していたら落ちて、朝10時になっていた。

小屋に人が来ることは無い。
この安心感があるので、何時まででも寝れるのだ。
ただ、便意で早朝に起こされる。しかも、他では経験しないような量の便が、小屋にいると生成される。

食べすぎか、カビのせいか。たぶん両方だ。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

神隠し→草隠し

お盆の始まりは、福島へ移動することから始まる。
福島へ移動したら山小屋へ。
山小屋で寝泊まりしたらバカンスへ行く予定。

201808221-1.jpg

夜中に到着して、山小屋で晩酌するために現地で買い出しをしようとすると、お店が選べずコンビニになり割高になる。
そこで節約のため、持っていけるものを下ごしらえ。道中のコーヒー、炭酸生成セット、レタスミックス、塩もみキュウリ。

201808221-2.jpg

レタスミックスは庭のもの。きゅうりは貰い物。

201808221-3.jpg

ずんずん進みます。

佐久と下仁田を結ぶ内山峠ら辺が、信号もなくだらだら進めるので快適。
下仁田は風景や廃れ感が古風でよい。岩山が多くあり、まるで掛け軸を眺めてるようなのだ。

201808221-4.jpg

さて、夜中12時ころ到着して山小屋へ入ります。
山小屋の入り口は、前回来た時から1っか月ほどで雑草が伸びて隠れてしまいます。
自然を利用したセキュリティー対策なのだ。

201808221-5.jpg

入り口を突破しても、誰も道だと思わないであろう道を、辺見さんにしか見えないわだちに沿って進みます。
このわだちが見えないと、左右の溝か土手に落ちますw

201808221-6.jpg

看板までくれば、木々が土地を覆っているので、雑草がなくなります。
看板手前は土手。すれすれを通って突破します。

201808221-7.jpg

雑草がなくなると、山小屋の敷地。

201808221-8.jpg

福島へ無事到着、からの山小屋へ無事到着。
なんですが、車を降りてから山小屋までの数メートルに、ザコがうようよいるんですよ。

蚊のことなんですが、こいつらの針はどうやら普通ではないようで、服で対策しても刺されます。
この環境で、晩食と寝具に必要なものを運ぶわけです。
刺されなかったとしても、小屋への侵入はふさがなければなりません。

車のトランクで蚊取り線香を焚いてから、作業開始です。

201808221-9.jpg

無事、小屋で過ごす環境を整えました。

山小屋では、すべての事において”無事”が求められるから大変です。が、それが好きなのかもしれません。
無事ではなかったことが一つだけありました。それは、ラジオの電池が切れていたことです。
iphoneで聞いてもいいのですが、聞いても聞かなくてもいいものを、わざわざバッテリー消耗のリスクを背負って聞く必要はないので、虫の鳴き声を聞きながら過ごしました。そのためか、ぐっすり寝れた気がします。

201808221-10.jpg

毎回真っ白ふわふわにカビるカラーボックスに、小屋で必要な小物を収納しています。
大御所の芸能人であれば、ぎらぎらに輝いたガラスの扉の棚が、これに該当するのだと思います。
ただ、この環境にいると、高級な棚よりは、アクセスの良さを重視してしまうので、カラーボックスが正解なのでしょう。

そういえば、山小屋では涼を取ることができないので、安いクーラーボックスを買って氷を入れて、冷たい酒を飲んでたのですが、クーラーボックスが結露してました。買った氷が数時間で溶けてしまったので、保冷効果はほとんどなさそうです。

そのクーラーボックスを眺めてみたら、作りがチャチィので、分解して保冷力をアップする策を練ってみたくなりました。

”安物買いは、脳養い”

まさにこのことだと思いました。


どのこと?

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

山菜2年

GWの始まりは福島の山小屋から。

201805071-1.jpg

山小屋に着く前に、ある程度大きな店舗のコンビニに寄って買い出し。
最近のラインナップは、カウンター内の揚げ物系。
安くてボリュームがあるので、細々と買い合わせて調理するより手っ取り早い。

201805071-2.jpg

長野で作ったランタンコンロ大活躍。
この写真を見て思うこと。
結局、最終的な形は石油ストーブに近づくのだなと。

201805071-3.jpg

朝起きてボケっとしながら何が生えてるかわからない地面散策。
山菜を見つけながら脳みそを叩き起こす。

コゴミかゼンマイっぽいけど詳しくはわからないが、良い発見である。
コゴミなら家に生えるやつと違うし、ゼンマイを調べるともっと毛で覆われている。

201805071-4.jpg

前からセリが生えてるって言われてたけど、実物を頭に叩き込むまで気づくことができなかった。
2年前から私の中でセリブームがきていて、ようやくここにきてセリ畑を拝むことができた。
知らなければただの雑草であるが。

201805071-5.jpg

笹薮を切り開いて1年過ぎたところ。
再度、笹薮を切り開くとタラの芽畑登場。収穫するには枝が少なすぎるので収穫しない。
日が入るようになったので、今年は枝が出来て、来年には収穫できるだろう。

他にコシアブラの木が2本あって、去年手入れしたところ、ものすごい枝数になってて驚いた。
今年は暖かいのでちょうどよい収穫時期にこれなかったけど、来年は取り放題だと思う。
株を増やしたいところだが、何か方法はあるのか?調べることにする。

長野の家では極太ウドも生えたし、フキもどんどん広がってて、ここ数年で山菜収穫が安定してきた。
来年は完全なる収穫開始年。まだ今年の手入れは必要だけど。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

カビカビ冷蔵庫を掃除する

注意:食事中の方や気分の悪い方、覚悟してご覧ください。

搬送中にワゴンRのリアガラスを突き破った例の物です。あれ?言ってなかったか。

201705121-1.jpg

山小屋から復活を願いもちかえった冷蔵庫。

201705121-2.jpg

夏のビーチの便所より汚いw
さー次かなり覚悟ですよ。






201705121-3.jpg

閉めてそのままくしゃっとくるめて、ポイってできれば捨ててるわw

201705121-4.jpg

庫内はつるっとしてるので拭きやすいんですが、天板は物が置けて滑らないようにざらざらしてるので、カビが入り込んでなかなか綺麗になりませんでした。激落ち君を5回ほどかけて終了。

201705121-5.jpg

パッキンは外して、キッチンハイター+片栗粉に浸けています。
頑固な汚れはパーツクリーナー。

201705121-6.jpg

酒を飲みながらやってたら、集中しすぎて食事を忘れて悪酔いしそうだったので急きょ調理。まさかのカビ掃除中に調理。もやし炒め。

201705121-7.jpg

冷蔵庫の棚を調理ついでに洗います。

201705121-8.jpg

どうでしょうか?

201705121-9.jpg

パッキンが綺麗になったら動作確認してみます。

201705121-10.jpg

酒を飲みながら冷蔵庫鑑賞会。これで冷えなかったらうける~w

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

profile

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中
生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: