家庭山菜園までもう少し

世の中では、ガーデニングフェアやフラワーガーデンと言った、少々異国情緒的ガーデンスタイルが流行っている。
現地で見たり、WEBで見たりすると感化されるんだけど、それを自分でやろうと思わない。

だって食えねーし。

私が山菜を少しづつ覚えたのが3年前ほどから。
古民家に住んで数年は、庭に生えてるこごみ、三つ葉さえ何なのか知らなかった。
しかし、熊さんの村に行ったときに私の中で理想のガーデニング像が構築されたのである。

手を伸ばせる庭で山菜が沢山取れたらどんなにうれしい事か。庭で山菜が採れる菜園を作る。

そこから、庭で取れるものから徐々に手を出し、最終的には山菜を移植して植えまくるようになりました。
徐々にではありましたが、試しながら山菜の移植を続けること3年。庭は結構な山菜で覆われています。

ちなみに敷地はトータルで100坪です。

201905171-1.jpg

って、隣の庭ですが勝手に使って6年。もう自分の庭ですw

2年前から勝手に生えた山椒。
まーこれだってれっきとした山菜ですよ。
山に入ればいくらでも生えてますからね。街中に突如生えてるなんてことは無いでしょ?

201905171-2.jpg

河で取ったワサビの根を食べた後に、残った残骸を植えたら毎年生えるようになった。
そろそろ移植時か。

201905171-3.jpg

駐車場に未だ生えるこごみ。
小さくて食べる気にならないので、土の柔らかいところに移植して大きくなってもらう予定。

201905171-4.jpg

不機嫌なフキ。

移植して2年目はフキノトウが出たが、茎、葉はあまり繁殖しなかった。
3年目の今年、フキノトウが出ず全滅したかと思われたが、地面の下のランナーに力を注いだとのこと。
たった数センチの根っこを移植したのに、ここまで広がってくれる。

201905171-5.jpg

シイタケは山菜ではないけど。

タダでもらった種を、薪にしようと思ったよくわからない木に打って3年。安定して供給。

201905171-6.jpg

只今絶賛興奮中のウド。ビンビンモッコリ!
一番簡単で一番うまい。

201905171-7.jpg

セリを植えて3か月目。
雑草に埋もれてるが、ホタテが目印。

201905171-8.jpg

はい!元気!ランナーも元気で増殖中!

でも、石だらけの土に植えたので、周りを掘って石避けて、いい土を与える予定。

201905171-9.jpg

クルミの木!
よく枯れないで根付いてくれたねって感じ。10センチくらいの芽は今や1メートル越え。
今年は種が取れるのか?まだ小さいか?土壌がもう限界か?

201905171-10.jpg

もうケア必要なしの三つ葉!てんぷらの中で一番好きなやつ。
太めで柔らかい茎だけを採って、かき揚げみたいにして食べる。



こうやって、一つ一つの山菜を毎日見て回って様子を見ながら可愛がってるので、刈払機をかけて雑草全体を刈るってのに気が引ける。山菜の周りの雑草は完全手掘りで根から抜き取る。山菜の根が張る場所をしっかり確保してあげる。
どこからか学んだわけでもなく、山菜の事を考えて良かれと思ってやてきたことが、山菜の成長として表れている。

そんなわけで、一風変わったガーデニングでそのうち情報誌の取り上げられることでしょう。
見出し「田舎暮らしで話題沸騰中!家庭山菜園とは?」

そしたらカフェもガッポガッポのザックザックだべした!うへへ!



未成功:タラの木の移植
未開発:コシアブラの移植

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

阿部定事件とてんぷら

ウドにかぶせたマルチシートがパンパンになってたので、ビンビンになってるウドを収穫です。

201905161-2.jpg

なぜかそーっとのぞいてみるw

201905161-3.jpg

一気にめくる。

わ~い!わーい!

いや、見事でしょ。
放置してマルチをかぶせただけでここまで育てられれば文句なし。あとは食うw

201905161-4.jpg

茎の根元にナイフを入れて収穫。局部切断
穂先はマルチシートの熱で焼けてしまいました。

一番右のやつがなぜか「ムンクの叫び」に見えて仕方がない。

201905161-1.jpg

もちろんてんぷらにしますから、そばを仕込みます。

201905161-5.jpg

商品選定で省かれたタラの芽をいただいたので、一緒に。
しいたけも採れたので一緒に。
一番太い部分は、皮をむいて味噌で。

生が一番香りが強くていいですね。

ただし、太い部分の皮にヤニがついてるので調理が面倒。
手を洗ってもべとべとが取れない。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

もっこりしてきたら食べ頃

タラの芽は、収穫時期が過ぎたら食べれないので、そこまで興味がない。
ウドは、新芽が夏から秋にかけて生え続けるので、暑い時期にそうめんやら蕎麦にてんぷらとして添える。

恐ろしく生い茂り消費が追い付かず、植えた次の年から2年間、格闘してきたわけだが
今年もその戦いの幕が切って落とされた。

201905141-1.jpg

生え始めたころに、マルチシートで覆って暗所内で茎をのばすようにした。

201905141-2.jpg

そしてようやく、もっこりしてきたのだ。

若いのがもっこりしてきたところなので、食べてあげようじゃないか。
いや、ビンビンになるまで待つか。
いやいや、マルチを突き破るくらいそびえ立ったころに食べることにする。

できれば女性の方に収穫していただきたいものである。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ある意味、猿の腰掛

トイレから見える外の景色が好きで、視界は広くないが、ミョウガ、フキ、しいたけ惨敗原木が見える。

先日までの雨続きで新葉を出してしまったフキ、放置状態のミョウガ、決して出ることは無いだろうしいたけの種を植えた木。

これらの状況を確認しては、うきうきしている。トイレに入る度に。

201810191-1.jpg

この時期はみんなキノコキノコといって、命をささげる覚悟で山に入って滑落して死んでいる。
そうだ、もしかすると家にもしいたけが生えているんじゃなかろうか?
2年間音沙汰が無いので諦めているが、置いてあるものだから気になって仕方が無いのだ。

201810191-2.jpg

うん。気配無いよね。
そのうち薪にするってもんでしょうか。

丸く見えるのは単なる切り株だよね。
丸く見えるのは全て疑ってしまう。

201810191-3.jpg

なんとなく、辺見センサーが起動してるんだけど、それっぽいものは見当たらない。

201810191-4.jpg

あ!

木をよけるとそこには、化け物が。
このサイズなら猿も腰をかけることが出来る。

もしかしたらしいたけではないのでは?

201810191-5.jpg

臭いしいたけ、味はまだ。

実家では親が2,3本買ってきた原木しいたけが人生初しいたけ収穫だったが、
今回のは、よくわからない木に適当に自分で種を打ってから2年目の初収穫。
これもいろんな意味で、人生初のしいたけ収穫である。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ズッキーニって今取れるの?

201810081-1.jpg

ズッキーニを見てみたら、実っぽいもの。

201810081-2.jpg

おおお、珍しく成ったw

寒くなってきてから成るのか疑問だったが、直売所などに行くと、どうやら今時期らしい。
ツル?見たいのも出てるが、巻きつく場所があればきゅうりみたいに垂れ下がるのだろうか?

待ちに待って成ったわけですが、3本100円くらいで売ってるとがっかりするものである。

今年は区の行事に借り出されて、週末にろくに時間が取れないので、家庭菜園も採れればラッキーなくらいでやっている。
来年はちゃんとやれる!はず?

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中
生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: