こみんかしょうどうがい - 古民家を衝動買いした結果・・・

すぐに壊れたエアーポンプ


201810171-1.jpg

ランタン用のハンディーエアーポンプが壊れたので、楽天ポイントで新しい怪しいのを買ったのです。

その後、10月の3連休を利用して、富山の市振漁港でキャンプをしたのですが、ポンプでエアーを転送していたらポンと外れたのです。

201810171-2.jpg

福島第一原発で言えば、メルトポンです(?)。天井が吹き飛んだあれです。

壊れたし、通販はこりごりになったので、カインズで買ってきました。
本当は綿半のが良かったんですが、日常の移動の流れ的に。

201810171-3.jpg

ほぼほぼ機能は、どこのも同じだろうと思っていたら、押しても引いても転圧するタイプらしい。
そんな機能のものを初めて使ってみたが、感触が気持ち悪い。

押す時にも引く時に、力を要するので、人間側の呼吸のタイミングが良くわからないのだ。
ただ、引いている時の二の腕に力が入り、筋肉がしまるので、ある意味フィットネスも兼ねられる。

おし、毎日ランタンフィットネス生活だ!

そう思ったんだけど、これを書いている翌日ですが、ランタンのガソリン切れで小休止w

201810171-4.jpg

家では問題なくランタンを焚くことができるが、相方とキャップしてると必ずランタンハプニングが起こる。
いい加減LEDのにしようといわれるが、ガソリンランタンが無かったらそれはキャンプではないのだ。

といいつつ、夜の半分はガソリンランタンがいつも壊れてるので結局ハンディLEDライトに頼ってるんだけど・・・

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

2018 粟島キャンプ三日目

朝から鯖カレー飯!

201808251-1.jpg

鯖カレー缶にカレーのルーを追加したら、うまさ倍増。飯が泊まらないw

201808251-2.jpg

食べたらバスに乗って、粟島の裏側にある地区、釜谷に釣りしをしにいきます。

201808251-3.jpg

奇跡の刺身にできるやつw
どこで釣りをしていいのかわからず、浅瀬で遊んでたら、どこかの旅館のおっちゃんに、防波堤の先端まで誘導されて、
仕掛けを換えられ、餌をつけられ、釣り始めさせられてゲットした魚w

ぶりの小さいやつで”わかし”というらしい。相方が釣りました。
私は、大物らしき魚がかかって3秒後に仕掛けが千切れたっ言うオチw格闘すらできていない・・・
仕掛けをみたら小あじ用で糸が細いので、すんなりちぎれたようです。

201808251-4.jpg

新鮮で良い食感!

201808251-6.jpg

小あじと刺身にした残りの骨は、カリカリに揚げて南蛮漬け。

201808251-7.jpg

作ったことが無いのでどれだけ揚げればいいかぜんぜんわからない。

これで粟島キャンプはおしまい。
次の日は10:30のフェリーに間に合うように片づけして帰りました。

201808251-8.jpg

四日ぶりのエアコン。

粟島キャンプは終わりましたが、お盆休みはまだまだ続きます。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

2018 粟島キャンプ2日目

1日目のキャンプは、福島で朝4時前に起きて出発。
寝不足の中、粟島到着して一日過ごしたので、2日目の朝は寝たいだけ寝て起きました。

201802241-1.jpg

おはようございます。
セミは抜け殻残して無事旅だったようです。

暑さでちゃんと寝れたかよくわからず、一日体調がフラフラしてました。
寝不足は解消されておりませんでした。

201802241-2.jpg

そんな状態で、自然のスーパーに買い出しに行ったので、食材はほどほどです。

201802241-3.jpg

2日目もホルモン。

今回は釣りをしたい!

201802241-4.jpg

ということで、お土産屋さんまで歩いて、釣り餌とアイスを調達。

201802241-5.jpg

魚沼産コシヒカリを使ったソフトクリーム。味が薄い・・・

201802241-6.jpg

釣果は、私がキス1、相方がメジナ1。

201802241-7.jpg

夕方になってきたのでお風呂へ。

201802241-8.jpg

お風呂あがって魚を焼く。

201802241-9.jpg

焼きすぎて黒いんだか、元から黒いせいなのか判断できませんw
このサイズでも十分食べれて、結構おいしかったです。キスも焼きましたが美味しかったです。
炭焼きだからかな?

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

2018 粟島キャンプ1日目

福島から山形を抜けて新潟の岩船港へ。
福島から米沢まで無料の自動車専用道路ができて便利になりました。

201802231-1.jpg

道中降ったりやんだりの雨。
船に乗っても、パラパラ降ったりやんだり。

201802231-2.jpg

粟島到着のころには晴天に。

201802231-3.jpg

今年のお盆は、客が少ないらしい。
キャンプ場も人でごったがえす様なことはなかった。
一昨年は、場所の確保に困ったが、去年から場所が選べるように。

キャンプブームだというのに、どうしたことか。

201802231-4.jpg

キャンプ場の一番手前でテントが張れるところに設置。

隣も同時着でテントやタープを組み立てていたが、どんどんこちらのテントの真横に近づいてきて、3泊4日のキャンプが落ち着かない状況に・・・。

201802231-5.jpg

テントを張ったら、氷の買い出しとお店の食材のチェック。

201802231-6.jpg

野菜果物系はこんな感じ。
肉類の冷蔵庫が周りにあるけど、最初は持ってきたホルモンがあるので、肉は当分必要なし。

201802231-7.jpg

準備が良すぎて、買いだすことがあまりありませんでした。
ほとんどお金を使わなかったという。

写真のテーブルは、自作した台車兼テーブルです。結構使える。

201802231-8.jpg

一日目の〆は、セミの脱皮を見ながら晩酌。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

いわきの里 鬼ヶ城でキャンプ

福島県の浜通り地区にあるいわきの里 鬼ヶ城でキャンプ。

201804021-1.jpg

天気も良くて暖かいので、桜が咲いてるかと期待しましたが、開花直前のつぼみでした。
山の上なので夜の気温は低い感じでしたが、備え付け?のBBQコンロで落ちている木を燃やしまくっていたら、テント近辺が温かい感じでした。

201804021-2.jpg

こんな雑木林のキャンプ場があったとは思ってもいませんでした。しかも値段もそこまで高くなかったです。
市の施設なので一桁まで細かい値段設定の理由はよくわかりませんが、お風呂に入れる事を考えるとリーズナブル。
宿泊特典かはよくわかりませんが、お風呂も値引きされた感じ。

テント1区画:973円(+消費税)
キャンプ一人:306円(+消費税)
お風呂一人:370円(宿泊割引-70円?)

201804021-3.jpg

いわき・ららみゅうの市場で買って来た、牡蠣、目光の干物、ホヤ(キャンプでは食べなかった)、ホタテを食べました。
相方が通販のポイント消費で買った、小さな七輪。長方形なので熱にムラがありますが、使えなくはない。

難点は、小さいので炭の大きさが限定される。薄い炭しか入らない。

201804021-4.jpg

飲みたいだけ飲んで、食いたいだけ食って寝る!


夕方ごろに、何かわからない動物がガサゴソと近づいてきたが、何もせず去って行った。
食料を放置してどこかに遊びに行ってたら食われるところだった。

グルメブログ
カフェへ
ライフスタイルブログ
古民家暮らしへ
住まいブログ
セルフビルド・ハーフビルドへ

ブログ内キー検索

Profile

へんみさん

名前:へんみさん
自己紹介:33歳で古民家を衝動買い.庭にスモールハウスを建てて活動中


生まれ:福島県郡山市
現在:長野県塩尻市
趣味:ドリフト,キャンプ,DIY
ドリフト
菅生,リンクサーキット,SSパーク,エビス,日光,本庄を走ったことがあります.
キャンプ
笹川流れ、山形等海近くでキャンプすることが多い
DIY
書類関係以外何でもかんでも自分でやろうとする生態.

Calender

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New RSS feed

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: